背中がガチガチになる原因とは?自分で治す2つ方法

背中がガチガチになると、体全体が重苦しく気分がスッキリしませんよね。

私もよく背中がガチガチになりますが、いつも「なぜ、こんな思いをしなければならないのだろう…」なんて恨めしい気持ちになります。

このように私たちの気分を左右する背中がガチガチになる症状ですが、いったいなぜこのような症状になるのでしょう。

今回は、背中がガチガチになる原因や、自分で治す方法をご紹介していきます。

背中がガチガチに固まる原因とは?

猫背 デスクワーク

背中がガチガチに固まる原因は、主に広背筋や僧帽筋などの肩甲骨周囲の筋肉が凝って硬くなるためです。

筋肉が硬くなると、血液やリンパの流れが滞り、スムーズに流れなくなります。

するとその部分は凝り固まり、ガチガチになってしまうというわけです。

では、筋肉が硬くなるのはなぜなのでしょうか。

それは日常生活の中で、例えばデスクワークをしたり、スマホを見たりと前屈みになる時間が長いからです。

前屈みの状態が長く続くと、肩甲骨周囲に筋肉を動かすことはほとんどありませんね。

私もよくデスクワークで前屈みの状態が長時間続くことがありますが、確かに背中がガチガチになっています。

長時間の前屈みの姿勢から、正しい姿勢に戻そうとするときには背中をゆっくりと伸ばさなければ、背中を痛めそうです。

これまで背中がガチガチになるのは、背中が訳もなく凝ると思っていた方は多いでしょう。

ところが、実は悪い姿勢が背中のガチガチの原因になるということなのですね。

「ガチガチに固まった背中」を自分で治す方法

背伸び 男性

ガチガチに固まった背中を自分で治すには、おススメの方法が2つあります。

背中の筋肉に効くツボを刺激することと、背中の筋肉をほぐすストレッチをすることです。

私もよくやりますが、ツボを刺激すると頭がツーンとするほどに気持ちの良さをかんじます。

また、ストレッチをすると背中の筋肉がゆったりと伸ばされていき、筋肉が生き返ったような気がします。

血液の流れが良くなっていることを、感じられるのです。

背中のガチガチは、慢性的になっている方も少なくないと思います。

しかし、ツボを刺激したりストレッチをしたりすることで、少しでもガチガチを和らげることが期待できます。

ここではそんなツボを刺激する方法とおススメのストレッチをご紹介しますので、ぜひ試してみてください。

背中の筋肉に効くツボ

ツボをおす女性

背中の筋肉に効くツボには数個ありますが、これらには温めたり押したりと、適度な刺激を与えてあげると良いです。

主な背中のツボをご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

肩外愈:首を曲げると背骨の一番上に突起した骨が確認できますが、その骨から指4本分、肩甲骨側にあります。

風門:肩甲骨の上部にあり、首を曲げると突起する一番上の背骨から、指3本分ほど下にあります。

天宗:肩甲骨の中央にあります。

身柱:首を曲げると突起する一番上の背骨から、3つ下の突起したところにあります。

肺兪:肩甲骨の真ん中の高さで、肩甲骨と背骨の中間にあります。

心愈:首を曲げると突起する一番上の背骨から下に、5つと6つの突起した骨から指4本分、外側にあります。

膈兪:肩甲骨の下側にあり、指2本分外側にあります。

肝兪:肩甲骨の下側にあり、膈兪から指3本ほど下側にあります。

脾兪:肩甲骨の下側にあり、肝兪から指3本ほど下側にあります。

三焦愈:腰から指1本ほど上側で、そこから内側に指2本分のところにあります。

腎愈:ウエストに手を置き、背中に向けて親指を指2本分広げた場所にあります。

志室:肋骨の一番下辺りのウエストに手を置き、指4本分外側に当てた場所にあります。

命門:背骨の上で、おへその裏にあります。

背中の筋肉をほぐすストレッチ

背中を伸ばす女性

背中の筋肉をストレッチすると、血行が良くなり気持ちが良くなります。

デスクワークの途中に椅子の背もたれに背中をつけて、反り返った経験はありませんか?

私はよくやるのですが、反り返りはストレッチをしていることと同じなので、とても気持ちが良いものです。

ここでは背中の筋肉をほぐすストレッチをお伝えしますので、ぜひお試しください。

背中の筋肉をほぐすストレッチ①

  1. 両手を後頭部に組みます。
  2. 両肘と首を伸ばすように、前下に向けます。
  3. 背中を丸めるように頭を真下に落とし、背中を伸ばします。

背中の筋肉をほぐすストレッチ②

  1. クッションやボールなどを床に置き、クッションやボールがおへその下に来るようにして、うつぶせになって乗ります。
  2. 頭を床に着けるようにして、背中を反らせて背中を伸ばします。

まとめ

背中が伸びていなければ老けて見えますし、呼吸が浅くなってしまい息苦しさを感じることもあります。

そのため背中を伸ばしておくことが大切なのですが、背中がガチガチになっていると、背中を伸ばすことが苦痛に感じられることもありますよね。

しかし、だからと言って何もせずに放っておいてはいけません。

日ごろからツボを刺激したり、ストレッチをして背中を十分に伸ばしたりすることが大切です。

予防のためにも改善のためにもしっかりとストレッチをして、血流を良くしておきましょう。

そうすれば、背中のガチガチに対する悩みの改善が期待できますからね。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。