「産後の体重が戻らない!」焦らず体重を戻そう

ママのおなかの中ですくすくと育ち、この世に生まれてくる赤ちゃん。

その存在は、周りの人たちをこれまで以上に幸せな空気に包んでくれますね。

しかしその喜びとは裏腹に、ママの体は産後に体重が増えて元に戻らないという悩みがある方が少なくありません。

なぜなのでしょう。

ここでは産後に体重が増えて元に戻らない理由とともに、体重は焦らずに元に戻していくという心がけについてお伝えしていきます。

産後の体重を気にして悩んでいる方は、ぜひ参考にしてくださいね。

産後に体重が増える理由

産後に体重が増える理由

産後に体重が増える理由には、主にホルモンバランスの乱れが挙げられます。

女性にはエストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンが分泌されています。

エストロゲンは女性らしさを出して脂肪燃焼を促進する働きがあり、プロゲステロンは子宮内膜を柔らかくして水分や栄養をため込む働きがあります。

つまり2つとも妊娠には大切なホルモンなのですが、妊娠中の体にはプロゲステロンの方が重要になるのです。

ところがプロゲステロンは、体を太りやすくさせる働きがあります。

それに、エストロゲンもプロゲステロンも、出産後は少しずつ分泌量が減りますが、プロゲステロンの方はエストロゲンよりも分泌量の減少が遅くなります。

ということは、妊娠中や産後にはプロゲステロンの影響で、体重が増える可能性が高くなるということになります。

また、体重が増える理由には、ほかにも産後に骨盤が歪みやすいからということも挙げられます。

骨盤が歪むと内臓が下がったり、骨盤周辺の筋肉が緩み収縮しづらくなったりして、血流を滞らせて代謝を低下させるのです。

これでは痩せにくい体になってしまいますね。

さらに、産後は食事の量や栄養が偏ることがあります。

すると、カロリーのことなんて無関係に近い状態になりますので、カロリーオーバーになり、太りやすくなってしまうのです。

これらの理由から、愛しい赤ちゃんとの対面を果たしはしたものの、自分の体重が増えてしまうなんて…悩ましいですよね。

「産後、すぐには痩せない」は普通のこと

「産後、すぐには痩せない」は普通のこと

産後、体重をすぐには戻せずに痩せないのは普通のことです。

というのも、産後に体重がすぐに減る分は、赤ちゃんの体重と妊娠の時に子宮内に作られる胎盤、羊水、産後の出血くらいです。

後は子宮の重みや妊娠中に貯め込まれた脂肪や血液などが残ります。

これらはすぐには減りません。

それに産後は体をゆっくり休める必要がありますので、動くことが少ないですね。

また、産後は授乳がありますので、その分食事をしっかりと摂らなければなりません。

食事も栄養バランスや摂取カロリーを十分に考えていればよいのですが、赤ちゃんのお世話で大変なため、そこまで気を回すことができませんよね。

ついつい簡単な、お菓子や菓子パンなどで済ませてしまうこともあるのでは…?

間食をすることもあるでしょう。

これでは体重を元に戻すということは難しいのではありませんか。

しかし、この状態はひと時のことです。

赤ちゃんが成長していけば、自分のことにも注意が回るようになりますので、産後すぐに痩せないというのは、普通のことと割り切っても良いのではないでしょうか。

「産後は期間ごと、ゆっくり体重を戻す」を心がける

「産後は期間ごと、ゆっくり体重を戻す」を心がける

芸能人の中には出産してすぐのはずなのに、スッキリとしてスマートな体型に戻っている人がいますね。

なんともうらやましい限りですが、本来産後には体をゆっくりと休めて期間ごとに体重を戻していくことを心がけることが大切です。

産後の体は、出産の大仕事で体力をかなり使っています。

そのため産後には、まず体の回復を待つことが必要なのです。

とはいえ、産後いつまでも妊娠中のふっくらしたままの姿でいるのも考えものですよね。

では、産後のダイエットはどのように考えていけばよいのでしょうか。

ここでは期間ごとに注意したい心がけをお伝えしていきます。

出産から3ヶ月間:お腹の筋肉が使いずらいため「焦らない」

出産から3ヶ月間:お腹の筋肉が使いずらいため「焦らない」

出産から3か月間は、お腹の筋肉が使いづらいです。

なぜなら妊娠中のお腹が大きくなるときには、お腹の筋肉である腹直筋という筋肉が左右に離れた状態になっているからです。

腹直筋は通常白い線を中心にして左右に分かれていますが、妊娠中のお腹が大きくなるときには、真ん中の白い線が横に伸びていきます。

つまりお腹の筋肉である腹直筋が離れていますので、お腹の中央にはお腹の筋肉がないということです。

お腹に力を入れることが難しく、使いづらいのです。

それでなくても出産後は、体力をかなり使っていますよね。

ということは、離れた腹直筋を元の状態に戻すのは、困難なこと。

そのため出産から3か月間は、焦らずに体力の回復を待って、トレーニングを徐々に始めていくことが必要です。

4ヶ月から10ヶ月後:低い負荷の運動から始める

4ヶ月から10ヶ月後:低い負荷の運動から始める

産後の体重が戻らない場合、ダイエットを始めるなら4ヶ月目から10ヶ月後に低い負荷の運動から始めることが大切です。

というのも産後4ヶ月目くらいになると、体力が回復してくる時期のため、ダイエットに入りやすいからです。

また、産後4ヶ月を過ぎると、赤ちゃんのお世話にも慣れてくるころですし、赤ちゃんの成長も目に見えるころ。

自分のことにも目が届き始め、「ちょっと頑張って痩せよう!」という気持ちにも、なれるころです。

とはいえ、もちろん無理は禁物です。

産後4ヶ月目から10ヶ月後に運動をするのなら、低い負荷ですむ軽い筋トレやストレッチがおススメです。

また、赤ちゃんを抱っこしながらのスクワットや、お散歩も良いですね。

毎日コツコツと続けやすい運動を探してやり続けると、産後の体重が戻らないという悩みから、解消されることが期待できますよ。

まとめ

出産、産後と赤ちゃんが生まれると、ママは忙しい毎日を送ることになりますね。

自分の体重管理にまで気が回らないことがありますが、冷静になって考えると、産後の体重が戻らないというのは少し寂しいことでしょう。

とはいえ、産後すぐに体重を戻すためのダイエットは、体力的に難しい…。

体重を戻すよりもまだ、体力を戻す方が先ですから、産後には体重を戻すことに焦ってはいけません。

多くのママが妊娠中、産後に体重が戻りませんので、「戻らない…」と悩む必要はないのです。

ダイエットはいつからでもできますので、自分の体調がしっかり整うのを待ちましょう。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。