急な背中の痛み!その症状「ぎっくり背中」かも!

何かの拍子に突然腰に痛みがはしる「ぎっくり腰」になった経験をお持ちの方は多いと思います。

では、「ぎっくり背中」って聞いたことがありますか?

ぎっくり腰と同様の症状を背中引き起こすのですが、実はこのぎっくり背中で困った経験をお持ちの方も少なくありません。

今回は、このぎっくり背中についてお伝えしていきます。

いざ、ぎっくり腰になったときの対処法などをご紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

「ぎっくり背中」の症状とは?

背中 痛み

ぎっくり背中の症状は、とにかく痛みが激しいということですが、主には以下のような症状が引き起こります。

  • 背中に激痛があり、息を吸うこともままならない
  • 体をねじったり、曲げたり、傾けたりすると激痛が走る
  • 痛みで普通に歩くことができない
  • 咳、くしゃみなどをするときに痛みでつらい
  • 背中が痛くてどんな姿勢をしていてもつらい

これらのような症状を感じたことは、ありませんか?

実は私も背中への激痛を感じ、呼吸をすることがとてもつらかったことがあるのですが、今思うとぎっくり背中だったのですね。

頭を動かして、下や横のものを見ることも痛くてできないのです。

このときには「疲れているのかな?」と思いましたが、それだけでは納得できない状態でした。

「あの痛みがぎっくり背中だったのか~」と思えば納得もできるのですが、いずれにしても二度と経験したくない痛みであることには変わりありません。

「ぎっくり背中」の原因

背中の痛み原因

ぎっくり背中の原因には、主に背中の筋肉の筋膜が破れてしまうことと、筋肉の疲れにより凝っているためということが挙げられます。

筋肉は膜によって包まれていて、その膜を筋膜というのですが筋膜は筋線維の細かい部分まで広がっています。

そんな筋膜が破れてしまうと筋線維までもに衝撃が与えられ、負担をかけることになります。

そうすると、筋膜が破れた部分は当然痛みを生じることになりますね。

つまり、ぎっくり背中は背中の筋膜が破れてしまい、筋線維に負担がかかっているために引き起こるというわけです。

また、筋肉の疲れによるぎっくり背中ですが、筋肉は疲れると動かしにくいですが、その動きの悪さを良くしようと緊張してしまいます。

そうすると筋肉がこわばって凝りを生じ、痛みを感じるようになります。

この痛みが、ぎっくり背中の痛みとなります。

自分でできる対処法

合間にストレッチ

ぎっくり背中の痛みが生じる理由は筋膜の破れや凝りだということをお伝えしましたが、では、筋膜の破れや凝りはなぜ生じるのでしょうか。

主な原因としては、長時間前屈みの姿勢を取っているデスクワークや、スマホの操作が挙げられます。

また、運動不足ということも挙げられます。

日ごろ、前屈みの姿勢が続けば筋肉は当然緊張しますし、負担がかかりますね。

それに運動不足であれば筋肉は硬くなりがちです。

そのため急に背中を動かそうとすると負担がかかり、炎症を起こしたり筋線維に負担がかかり、背中の筋肉は疲れや凝りを生じることになります。

では、このようなぎっくり背中の痛みを緩和させたり、防いだりするためにはどのようにしたらよいのでしょうか。

ここでは、ぎっくり背中の痛みに対しての自分でできる対処法を、2つご紹介しています。

簡単にできる方法ですから痛みに負けない背中を作るために、ぜひ試してみてください。

急な痛み時は背中を冷やす

保冷剤

ぎっくり背中で急な痛みを引き起こしたときには、背中を冷やすことをおススメします。

ぎっくり背中で痛みがある場合には、背中に炎症を起こしている可能性があります。

特に患部が熱っぽいようであれば、痛みはかなりひどいはずです。

私にも経験がありますが、体のどこかの部位が痛い場合、温めることがありますね。

しかし温めは血行が良くなりすぎて、痛みを緩和させるどころか、かえって痛みを進行させる恐れがあるのです。

そのためぎっくり背中だと思ったら、患部を冷やすことが大切。

氷を当てたり、湿布を貼ったりして十分に冷やして安静にしていましょう。

背中の筋肉のストレッチ方法

ストレッチする女性

ぎっくり背中になると、痛みで体を動かすことがつらいです。

その痛みを防ぐためには、日ごろから背中の筋肉のストレッチをすることが大切です。

ストレッチで背中の筋肉の凝りや疲れを緩和させ、血流を良くして予防しましょう。

ストレッチ①

  1. 椅子に座り、足は肩幅に広げます。
  2. 両手を前に組んで、背中を丸めるように両手を前にグーっと伸ばします。
  3. 背中を丸めた姿勢を5秒ほどキープして、その後ゆっくりと元の姿勢に戻します。

ストレッチ②

  1. 姿勢をまっすぐにして立ち、足を肩幅に開きます。
  2. 手のひらを上に向けて、両手を後ろに組みます。
  3. 組んだ両手の肘を曲げないようにして、左右の肩甲骨をグーっと内側に引き寄せます。
  4. 組んだ両手を上に引き上げるように伸ばし、10~15秒程度キープします。
  5. 元の姿勢にゆっくりと戻していきます。

まとめ

背中は私たちの体を支える大切な部位の一つです。

そんな背中に急な痛みが生じれば、自由に動くこともできずに困りますよね。

ぎっくり背中はまさに、その困った症状です。

しかし、もしぎっくり背中になったとしても急な痛みへの対処法がわかっていれば、心強いですね。

また、ぎっくり背中の原因がわかっていたり、日ごろから背中のストレッチをしていたりすれば、ぎっくり背中を防ぐことも可能です。

ここではぎっくり背中への対処法をご紹介しましたので、ぜひ参考にしてください。

イザというとき、頼りにしていただけると思います。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。