デスクワークで肩や腰が痛い!猫背に歪んだ体の治し方とは?

お仕事がデスクワークの場合、肩や腰の痛みを感じている方が多いと思います。

この痛みの主な原因には、長時間のデスクワークで体が歪み、猫背になるということが考えられます。

私もデスクワークをしていて痛みを感じない日はありませんが、痛みを抱えながら仕事をすることは、つらいことですね。

それにしてもなぜ、体が歪み、猫背になると痛みを感じるようになるのでしょうか。

今回は、猫背になる原因や自分でできる猫背の解消法をお伝えします。

デスクワークで猫背になる原因とは

猫背 デスクワーク

デスクワークと言えば今やパソコン操作はつきものですが、パソコンを使用するときの姿勢を思い返してみてください。

画面を見るときやキーボードやマウスを使用するときに、前屈みになっている方が多いのではないでしょうか。

デスクワークで猫背になる原因は、このパソコン操作時にどうしても前屈みになりやすいからということです。

前屈みになると背骨が歪み、肩、腰、背中などの筋肉があまり使われなくなります。

そうすると筋肉は弱くなり、緩みます。

また、体の中心となり支える役割をする背骨も弱くなり、支える力が低下します。

そのためデスクワークをすると、猫背になってしまうのです。

猫背になると歪みが進行し、肩や腰、背中の痛みをとても感じるのですが、この痛みを解消するにはやはり猫背を解消しなければならないのですね。

自分でできる猫背解消法

背伸び 男性

猫背になると、体が不自然な歪みを伴いますので見た目が悪く、肩や腰の痛みにも繋がります。

そんな歪みを解消するためには、何らかの方法で猫背を解消しなければなりませんね。

とはいえ、忙しいと治療に行くのに時間が取れず、ついつい後回しになってしまいますよね。

そこで、ここでは、自分でできる猫背解消法をご紹介します。

自分でできる猫背解消法には、様々な方法がありますが、ここでは

  • デスクワーク時にできるタオルを使う方法
  • 休憩の合間にできるストレッチ

をお伝えしますね。

これらの方法は私もよく行いますが、体が矯正されて歪みが改善していくようで、とても気持ちが良いです。

しかも難しい方法ではありませんので、楽に自然にできますよ。

ぜひ参考にして、痛み改善を目指してみてくださいね。

タオルを使ってきれいに座る方法

タオル

タオルを使ってきれいに座るためには、おススメの方法があります。

それは、背もたれと背中の間にタオルを挟む方法です。

タオルをくるくると丸め、ロールを作ります。

椅子に深く腰掛けて、お尻を背もたれの下側にくっつくように座ります。

ロールにしたタオルを背もたれと背中の間に挟み、背中と腰でタオルを固定します。

デスクワークをする際には多くの場合、背もたれのついた椅子を利用しますね。

ところが猫背になっていると、それを解消しようと背もたれから離れて座るようになったりしませんか?

私はこの方法を知る前には、背中だけの力でまっすぐにしようと背もたれを使わずに座っていました。

しかし、背中だけの力だと猫背になっている姿勢には、とてもつらくすぐにまた背中が丸まってしまうのです。

しかも無理に背中だけの力で座っていると、猫背を矯正しているつもりがかえって肩や背中、腰の筋肉を傷めてしまうこともあります。

そこで、タオルを使用して背もたれに背中をつける方法がおススメなのです。

この方法は、背中に力を入れすぎずに無理なく背中を伸ばすことができますので、ぜひお試しください。

休憩の合間にできるストレッチ

合間にストレッチ

デスクワークで歪み、痛みが生じている肩や背中、腰には休憩の合間にストレッチをすることがおススメです。

体を伸ばすと血流が良くなり、痛みが和らぐように気がしますよ。

ここではおススメのストレッチをご紹介していますので、ぜひお試しください。

ストレッチ①

両掌を上に向けて両手を前に90度に曲げ、そのまま背中の方に肩を寄せるようにします。

手はそのままで、肩をできる限り上に上げて5秒ほどキープします。

両方の肩甲骨を内側に引き寄せるように、両肘を後ろに引いて5秒ほどキープします。

上にあげている肩の力をスッと抜き、下にストンと落とします。

ストレッチ②

両掌を上に向けて両手を前に90度に曲げ、そのまま背中の方に肩を寄せるようにします。

しっかりと脇を締め、肩甲骨に両手を引き寄せるように10~15回ほど後ろに回します。

ストレッチ③

両手を前に出し、顔の高さで壁につきます。

肩幅に足を開き、顔はまっすぐに。背中を伸ばすようにして壁をしっかりと押します。

まとめ

デスクワークが多いためか、社会人の中には猫背で肩や腰の痛みを抱える方が多いですね。

仕事ですから、デスクワークを避けることはできません。

しかし、姿勢の保ち方や椅子の座り方で、猫背を解消することは期待できます。

また、仕事の合間の休憩時間や家でくつろいでいるときなどには、ストレッチで歪みを矯正する努力をすることもできますね。

ぜひ、常に自分で猫背にならないように意識して正しい姿勢を保ち、健康体でいられるように日ごろから気を付けましょう。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。